世間話

今日も午後からリバーサイドパークへ行きました。暖かい日でした♫

公園までの移動中、車の中で、

「もし自分が子どもだったとして、貧乏だけど優しいお母さんか、お金持ちだけど意地悪なお母さん、どっちが良い?」

と、生徒から聞かれたので、

「そんなの優しい人にきまってるじゃん」と答えると、

「僕もそうかな。お金持ちの人って無駄遣いばっかりするよね。」

どうやらお金持ちの人は性格が悪いなんてイメージを持っている様子でしたw

RASファシリテーターでもあるスタッフ的にはその概念にはツッコミをしたいのです。

RASファシリテーターの資格を取る上で、自分自身にあったブロック(凝り固まった観念)は崩れに崩れましたからね(^^)

ブロックが崩れると生きてきるのが楽で、幸福感がぐーーーんと増す感覚になり、自然と色々な事に感謝の気持ちが湧くと言う事象が起き続けます。

って訳で、トラウマや信じ込みでできあがってしまったブロックは崩さずに置く理由は特にないのです。

子育て中の私自身は崩れて良かった3大ブロックは

  • お金ブロック
  • 世間体ブロック
  • 時間ブロック

です!

このブロック達を崩す事によってまず、我が子との関係性がとっても良くなりました。

今我が子との関係には「安定」や「強固の絆」を感じていますし、崩れる心配もしていません。

固定観念ブロックで生きていた時はその逆。不安や心配ばかりでしたし、母娘でお互いを振り回し合っている感じでした。もちろん本当はそんな事はしたく無かったです。

でもブロックがある状態だと、個性を生きる状態から遠ざかるので、望まない感情に襲われ続けるのです。

つまり、お金、世間体、時間の心配を一切していない今を生きています。

ウソくさいって??

でも本当なんだよねー((´∀`*))

親の心配事って我が子に強烈に影響しますので、ブロックが崩れる前にあった悩み事は我が子にも同じ事を背負わせてしまっていたと思います。当日4歳だった娘には可哀想な事をしていました😱

と言うわけで、

「お金は空気と一緒なんだよ。みんなに共通にあるものなの。うちの家庭は空気が無い、なんて言っている人がいたら馬鹿げてるなぁって思うでしょ? 実はお金が無いんだって発想も、空気が無くなることを心配しているくらい、ヘンテコな事なんだよ。

それに買い物をする人がいるから日本という国が成り立つんだよ。お金を使うと言う事は本来は素晴らしい事なんだよ。

でもそんな私も時々、お金が無いって娘に言ったりするよ。例えば、〇〇ちゃんも持ってるから同じ物が欲しい、とか言われた時は、そんな事に使うお金は無いよ!自分が本当に欲しい物ややりたい事にお金をつかうんだからね! なんて話したりするよ。

だから例えおうちの人が一度お金が無いって言ったとしても、自分の本当にやりたい事や欲しい物が何かって事は忘れちゃいけないよ。」

って話を世間話程度にしました。若い脳は抵抗感無く聞いてくれます。どこまで理解したかはともかく、ただの世間話ですからね。

大人の人に話すと、何やら重たい感情になってしまう人がいるので、お金ブロックの話ってなかなか大人の人には伝えづらかったりします。

でもRASはお金ブロックも世間体ブロックも時間ブロックでさえも自分の手で崩せるようになれるので、わざわざ説教垂れなくて済むところが私は好きです(o˘◡˘o)

 

関連記事

  1. 足湯の公園

  2. 海♫

  3. 活気が戻って♪♪♪

  4. サドベリースタッフの親

  5. 説明会を開催しました!

  6. 三日坊主は良い事なのだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。