勝負する事と好きな事

秋って本当に気持ちが良いです(^^) 今日は久しぶりに富士山が見えました!

今日も午後から公園に行く事に決まりました。

公園で食べると美味しかったようで、4歳の僕は今日も昨日みたいに公園におにぎりを一つ持っていきました。

 

うんていが得意な人。うんていができるようになりたい人。

筋トレ??

 

ケイドロをしました。去年より足が速くなっているみんなを捕まえるのが結構大変です(^-^;)

スタッフがゲームに参加する時はいつだって本気なので、ハンデをつけることはあっても、負けてあげたりはしませんw

 

今日は自転車の補助輪も持って行きました。取り外しが簡単にできるので、まだ自転車に乗れない女の子達も漕ぐ練習をしました。

↓補助輪で、どこまでスピードがでるかの検証をするお兄さん。

 

サドベリースクールでは、興味のある事、好きな事、やりたい事をなんでも自分で選択して、できるスクールです。

公園でもその理念は一緒です。

ですが、

  • マウンティングをする事
  • お金に繋げること

は、自分の好きな事を見つける上で非常に邪魔をしてしまう観念です。

特に10代の若い人がこの観念を持つ事は無意味と言っても良いくらいです。

大人になるほど、そうなるように社会はできていますが、無意味ではあります。

「負けるからやらない」

と言うのも自由ですが、「負ける」「勝つ」はトランプやケイドロやスマブラなど、ゲームで使われる用語に過ぎません。

「負けるのが嫌だ」

と言っても、ただのゲームですから(^^) ゲームの世界では勝負をするのは非常に楽しい事です。

でも、自分の好きな事に対して、負ける、勝つ、稼げるかどうか、などのアイディアを持ち込むと頭の中がぐちゃぐちゃにになる事請け合いです。

「勝てないから得意じゃ無い」みたいになり、本当は個性に合っている事を見過ごしたりします。

つまりは、「個性を生きる」とは、誰かとの対戦ゲームでは無いと言う事です。

 

 

 

ケイドロに飽きたので大縄跳び。こちらも上達しているみなさん。

うまく跳べなくても楽しそうにやっている生徒がいます。大人のスタッフにとってはとても安心できる姿です。

楽しく続ければ、「上達」はセットですからね(^^)

 

芝生の中には小さなカエルがいました。ケイドロをしているみんなに踏まれないでねー。

関連記事

  1. リバーサイドパーク

  2. 人狼ゲーム

  3. 曇りはもはや晴れ

  4. 夏ですね

  5. 今日も動画撮影と公園

  6. ライブ♫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。