室内遊び色々

今日はまず、室内風船バレーボール

審判はスタッフがしました。

ところで、以前、体育館に行った時は大玉転がしボーリングをしたのですが、初めての時はスタッフが指示出しや審判をしたのですが、2回目は生徒たちが自然とボーリングゲームを初めて、ゲーム展開もさせていました。

今日のバレーボールも「バレーしようよ」とトスをあげると、自然と生徒同士でチームを組んでのチーム戦が始まったので、スタッフは審判役にまわりました。

と言うわけで、サドベリースクールスタッフであっても無くても、大人は「トスをあげる」役割が重要だな、と度々感じるスタッフなのです。

最初にトスだけあげると、2回目からは子ども達が展開させていく、

こんな光景が見られた時は「我ながら良いトスがあげられた♫」と、こっそりと心の中でガッツポーズ決めますw

とは言え、「良いトス」は狙ってもなかなか出せるものではありません。トスをあげる方もじっくりとタイミングを待つと言うのは重要です(^^) あと、トスをあげてからの反応も急いではいけません。焦らせてはアタッカーも困ってしまいますからね♫

 

バレーボールをして、会議をした後は、室内でじっくり過ごしました。

ゲームや動画を楽しんだりw 昨日は遠足でたくさん歩いたからね♫

 

午後からはスライム作り。

赤い絵具

白い絵具

黄色い絵具

もっと伸びるのを作りたかった様ですが、完成品で遊べていました。スライム作りに使うホウ砂や水は分量のちょっとしたズレで完成品には大きな影響が出るものです(^◇^;)

 

↓こちらはスカート作りをする事に決めた7歳さん。

布用の両面テープだけで作りました。両面テープを剥がすのは意外と難しいかった様です。

↓出来ました!

スタッフが多めに手伝いましたw とりあえず、スタッフはこのスカート作りを楽しみましたw

度々感じるのですが、「生徒と一緒に楽しめる」と言うのはとっても重要だと思うのです。

以前保育士だったスタッフは現役保育士時代は「いかに楽しませるか」を追求していました。クラス全員を同時に楽しいと感じさせるとはなんとも難しい技術です。今思うとナンセンスですw

サドベリースクールスタッフであっても無くても、大人が子どもと一緒に楽しめる事は、子どもはゲームでもお勉強でもなんでも吸収してくれるのでは無いか、と言う仮説、サドベリースクールスタッフになってから立ちました(^^)

 

 

関連記事

  1. 説明会中に会議を開催!

  2. 開校にあたって スタッフ挨拶

  3. ワクワクする事とは何か

  4. シーパラダイス遠足

  5. 今月二度目の遠足!

  6. 外遊びと動画撮影

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。