クラス、学年制が無いとどうなるか

サドベリースクールでは何歳であろうとルールは共通です。

何年生だからこれをやるとか、できなければとかないので、

逆上がりができてもできなくても、

漢字が書けても書けなくても、

掛け算ができても出来なくても、

外遊びが好きでも室内が好きでも、

どっちでも良いし、何でも良いのです。とにかくどう「学ぶ」か何を「学ぶ」かが自由なのです。

ゲーム、動画鑑賞、おままごと、編み物、お絵描き、などなど、学校の先生から見ると、休み時間や休日にやるような「遊び」も「将来性が無い」とは他人は決められません。むしろ心から楽しんで今を過ごす事が将来のためにもめちゃくちゃ重要です。何時間でも何日でも掛けてやって欲しいです。あと、飽きたら直ぐやめて欲しいですw

学校での学年制が当たり前になっていると、友達を同じ学年かどうかで判断しがちですが、それの何が良いのかは説明はつきません(^◇^;)

学校の部活の世界では一つ年下の人をすごく下に見たり、二つ上の先輩なんぞは、恐れ多くて話しかけるなんて出来ずにいましたが、

それの何が良いのかは説明はつきません(^◇^;)

趣味が共通なら10歳と4歳で盛り上がって何かをしたり、気分によっては赤ちゃんと遊んだり、年下の子の真似をしたりすれば良いのです。

親も我が子から習う事は大切にしないと後で悲しい事になりかねません。

つまり、クラスや学年制が子どもの立場から見てどう良いのかはあまり説明がつかないのです。

ところで、伊豆サドベリースクールのスタッフは10年弱保育士でしたが、その立場ならクラス制、学年制が良い理由は分かります。

指導しやすいからです。保育園では子ども達に先生の言う事を聞いてもらわないと仕事になりません。そのためにクラス制、学年制はとても便利です。先生が子ども達をコントロールしやすいシステムと言えます。

現場からは以上ですw

関連記事

  1. 待ちに待った遠足♪

  2. 図書館に行ってみた

  3. スクールの畑が!!!

  4. 年齢ミックスの様子

  5. サドベリースクールは学校です

  6. 人狼ゲーム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。