インフルエンザの本当の意味

今日は今年初の明太パークにお邪魔♫

赤ちゃんも滑り台上りに初参加w

 

お子さんで結構賑わってました!インフルエンザの時期とは聞きますが、子ども達の元気な姿こそ最高の栄養です(o^-”)b

インフルエンザと言えば出席停止になったりなど、お祭りくらい騒がれる事ですが、

東京で出会ったとあるお医者さん、良い事しか言わないのでご紹介w

 

 

↑スクショで見辛くてすいません>_<

伊豆サドベリースクールの男性スタッフはこちらとは別のクリニックで同じようにお考えのお医者さまの元で精神セッションを提供していた事もあります。

つまり、昔から語り継がれている通り、「病は気から」なのですね。自分の個性のもと、ワクワクだけで生きていれば、インフルエンザウィルスにそこまでビクビクする事はありません。

疲れが溜まっていたり、毎日の通勤、通学、家事、子育てが辛くて仕方がないと言う人はインフルエンザウィルスにかかりやすいかもしれませんが、かかったとしても風邪と同じ扱いをしてあげれば良いのになぁ(心の呟き)。

風邪を移し合うのは良いけど、インフルエンザウィルスと言うあまりにも有名な風邪の時は気を使う…。

「病は気から」です(^^)

「明日スクールで何をしようかな♫」と考えていればインフルエンザと言えど、体が蹴散らしてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. スライムが!!!

  2. 子ども時代を楽しく過ごす事♫

  3. 午後から晴れ予報!

  4. サドベリースクールの使い方

  5. 自由という事

  6. クラス、学年制が無いとどうなるか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。