視力が低下する理由

伊豆サドベリースクールでは何事も「学び」と捉えます。

他人の邪魔さえしなければ、それまでは「遊び」と言われてきた事もやってみれば良いし、楽しかったら続ければいい、飽きたらやめれば良いのです。

ゲームや動画を見る事も例外ではありません。飽きるまでやってください(^^)

ところで昨今、スマホが普及したと言う理由で、小中高生さんの視力が低下したと言われているとかいないとか。

スマホが普及するずーっと前から視力が悪い伊豆サドベリースタッフの私には納得のいかない説明です(^◇^;)

スマホを同じ時間使用して、どの人も同じタイミングで同じように一斉に視力が低下したらスマホで視力が低下説を信じますが、ちょっと使っただけで下がる人、沢山使っても視力が変わらない人、だんだん下がる人、急に下がる人など、十人十色なはず。

と言うわけで、視力が低下する理由を「見たくない物があるから」としてみたらどんな解釈になるでしょう?

遠くが見えないのか、近くが見えないのかの理由まで説明がつきますね(^^)

また、視力が下がった理由を安易にスマホなどのせいにせず、自分が今何を見たくないのかって事を考えてみると、すぐにわかったりします。

お子さんの視力が下がったからと言ってすぐにゲームやスマホを取り上げたり制限したりするより簡単に解決方法が見つかるかもしれませんね。

ついでに、伊豆サドベリースクール男性スタッフ、過去に大学受験の経験があります。合格はしましたがその時視力が一気に下がりました(因みに1.0→0.1😅)

勉強したくなかったみたいです(^◇^;) 視力と学歴どちらかを取るとしたら視力だったなぁと思うスタッフなのです。

つまり見たいものはとことん見れば良いのです。ゲームやスマホを視力を理由に禁止したり制限したりしなくて済みますね。

「見る」と言う事を極めれば、目の前に今必要な見るべきものが常にある状態になりますね(^^)

まぁスマホやゲームを他人に迷惑になるようにしていたら、伊豆サドベリースクールスタッフも注意しますけどね。

あ、スマホ、ゲーム機を取り上げる事で、視力があがる、成績が上がる、コミュニケーション能力が上がる、言葉が増える、

なんて事も無いと思っている伊豆サドベリースクールスタッフです(^^)

 

関連記事

  1. 畑、その後

  2. 7月に入りましたね

  3. ホワイトボート付けました

  4. 足湯の公園

  5. 待ちに待った遠足♪

  6. クッキー作りました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。